ニューヨーク時効と抵当権の差し押さえ

ニューヨークのCPLR§213は、契約の執行のための6年の時効を規定しています。 抵当が”契約”であると考慮されるので抵当流れの行為は6つの(6)年以内に始められなければならない。 個々の支払期日は個別の”訴因”を構成し、その結果、各支払いは期日から6年後に”禁止時間”になることに注意してください。

加速

ただし、借り手が債務不履行になった場合、貸し手は債務を加速し、残りのすべての支払いを直ちに支払うことを宣言することができます。 加速されると、将来的に予定される複数の支払いはなくなり、むしろ負債総額はすぐに予定され、支払われるようになります。 その結果、融資が加速されてから6年後には、債務全体が禁止される時間になります。 同様に、住宅ローンが成熟すると、それ自身の条件によって、全体のバランスはすぐに起因し、支払われるようになり、全体の債務は満期日から6年後に禁止された時間になります。

加速は、加速する意図を明確かつ明確に明示する行為によって行うことができることに注意してください。 そのような行為は、差し押さえが開始されたときに発生しますが(最初の法的)、”加速する意図を明示する”手紙を送るなど、加速を構成する他の行為もあ また、借り手による通知の受領は必要ではありませんが、通知の単なる送信は十分な”行為”であることに注意してください。 したがって、貸し手とサービサーは、差し押さえ召喚の提出日から6(6)年を計算するときに”最後の分”まで待っていることについて警戒する必要があります。

通知を起草する際には、意図しない加速のリスクを軽減するために、”加速する”ではなく”加速する可能性がある”という言い回しを使用するように注意すべきであるが、裁判所によっては、貸し手が”加速する可能性がある”という手紙を加速行為として扱う裁判所もある。

ニューヨークでの差し押さえを完了するのにかかる時間の異常な長さの結果として、貸し手は、6年以上前に支払われた支払いだけではなく、債務全体

したがって、以前の加速の退去である”デアクセラレーション”の概念は頻繁に訴訟されており、ほとんどの裁判所は、ローンが加速され、加速に続いて、貸し手が”デアクセラレーションの意図を明示する”肯定的な行動を取ると裁定している。

したがって、貸し手とサービサーは、差し押さえアクションが却下されるたびに自動的に生成され、将来の日付に加速されるように、プロセスにデアクセラレーションレターを組み込むことを検討することを望むかもしれません。

期日のローリング

ローンがまだ加速されていない場合、貸し手は差し押さえを開始することはできませんが、6年以上前に期日になった支払いを集 したがって、負債の時間によって禁止される部分は”満たされる”かもしれ、抵当流れは残りのために始まった。

しかし、時効期間内にある架空のデフォルト日付を提供することにより、”期日を転嫁する”という慣行は、裁判所への不実表示であり、おそらく詐欺的であ その代り、貸方およびサービサーは十分に禁止される時間であり、抵当流れが残りだけのためであること負債の部分を表わすべきである。

TOLLING

CPLR§204(A)は、裁判所または法定禁止に起因する滞在期間は、6年間の時効期間を計算する際には含まれていないことを規定しています。 したがって、貸し手/サービサーが滞在のために差し押さえを開始できない場合、その期間は、ローンが加速されていたかどうかにかかわらず、六(6)年の計算

課される最も一般的な滞在の中で11米国に基づく破産滞在です。 コード№362、ドッド-フランク法によって義務付けられたデュアルトラッキング禁止、借り手が”実質的に完了した”損失軽減パッケージを提出した場合、RPAPL1304は、必要な通知の送信から少なくとも90日が経過するまで差し押さえの開始を禁止し、CPLR№210(b)に基づく借り手の死亡は、不動産の執行者または管理者を任命する時間を可能にするために十八(18)ヶ月の通行料期間を課している。

時効の再開始

貸し手またはサービサーが6年以上前に加速されたローンを差し押さえたい場合は、時効期間を再開始し、その後6年以内に差し押さえを開始することができる様々な方法がある。

いくつかの例には、貸し手またはサービサーによる借り手からの支払いの領収書が含まれています,どんなに名目,そのような対応として、それを返済す 第13章破産申請は、債務者の第13章計画が住宅ローン債務の支払いを提供している場合にのみ、そのような”書面による承認”を構成することに注意してく しかし、債務者が財産を”降伏”した場合、そのような承認は存在せず、第13章破産の申請は時効を再開始しません。

差し押さえが却下された第二のチャンス

時効が満了した後

前述の通行料および再開始規定に加えて、貸し手およびサービサーに対する救済の別の形態がCPLR§205(a)に見られ、その後却下された訴訟の保留中に時効が満了した場合、貸し手は訴訟を再開することが許可されなければならない。解雇の六(6)ヶ月以内に被告に。

CPLR§205(a)は、しかし、差し押さえが次のいずれかの理由で却下された場合、この救済を提供しません:

  • 管轄権の欠如
  • 解雇”メリットについて”
  • 自発的解雇
  • 訴追の失敗

貸し手/サービサーは、時効が満了した後、保留中の差し押さえ行為に致命的な欠陥を検出した場合、差し押さえを取り下げないことが不可欠である。Cplr105(a).

FDCPA責任

ニューヨークのCPLRは、時効は被告によって提起されない場合に放棄することができる”肯定的な防衛”であると規定しているが、ローンサービサーと法律事務所は、訴訟を提起したり、時間禁止債務の訴訟を脅かすことさえ明示的に禁止している公正債務回収慣行法(FDCPA)の規定の対象となっている。 第13章の破産の要求の証拠のファイリングは違反であるかもしれない! しかし、自発的な支払いのための単なる”要求”は完全に許容されます。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージに関連して支払いのデフォルトはありませんが、借り手の死亡後の債務を満たすことができなかったこと、借り手による敷地の不占有、借り手の不動産税の支払いの失敗、水道&下水道料金、保険などの料金、借り手の敷地の維持の失敗など、その他のデフォルトがあります。 支払いのデフォルトと同じように、これらのタイプのデフォルトは、デフォルトの日付の時点で実行され始める6(6)年の時効期間をトリガします。

最近の決定

  • Bank of New York Mellon v.Dieudonne,171A.D.3d34(2d Dept2019)–差し押さえ訴訟が開始されたにもかかわらず、標準的なFannie Mae Mortgageのパラグラフ19の結果として、差し押さえ
  • ニューヨークメロンvクレイグの銀行,169A.D.3d627(2d Dept2019)–追加の”肯定的な行動”なしに、事前の行動の中止を保持する下級裁判所の判決を却下し、ローンのデアクセラレーションとして機能します。
  • Wells Fargo Bank,N.A.v Burke,155A.D.3d668(2d Dept2017). 貸し手が差し押さえに立って欠けていた場合、その貸し手はまた、加速するために立って欠けていたので、加速は有効ではありませんでした!
  • Edwards v LVNV Funding,LLC(in re Edwards),539BR360(Bankr ND Ill2015). 時間禁止債務のためのPOCを提出することは、FDCPA違反を構成しています。

質問があるか、または論議したいと思ったら私達にで連絡して下さい[email protected]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。