大孔髄膜腫:後頭部顆をドリルするか、ドリルしないか? 12人の患者のシリーズ

要約

背景:マイクロサージャリーと頭蓋ベース技術の開発にもかかわらず、大孔髄膜腫(FMM)の外科的管理は、神経外科医への技術的な課題であり続けています。 FMMに接近するための体系的な顆掘削の有用性に関する論争が提起されている。 私たちの目的は、外科的技術を記述し、その安全性を分析し、12の連続したFMM患者における術後成績を分析することでした。

方法:1986年から2011年まで、12人のFMM患者がServidores do Estado病院の脳神経外科と民間診療所で手術を受けた。 すべての患者は、標準的な後頭下頭蓋切除術、後頭顆の保存、大孔の開口部、およびC1の後弓の同側の除去を用いて手術した。

結果:手術死亡率はなく、4または5の結果を達成した。 こう門切除はいずれの場合も必要ではないと考えられた。 総切除は九人の患者で達成された。 手術後,四人の患者は下部脳神経衰弱を発症した。 残りの患者では有意な術後合併症はなかった。 平均フォローアップは8.2年です。

結論fmmの大部分は、細心の顕微手術技術を使用して、顆切除なしに後顆外側後頭下アプローチで安全に除去することができます。

キーワード:大顎孔、大顎孔髄膜腫、髄膜腫、マイクロサージャリー、後顆下後頭骨アプローチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。