金融101:お金を保有する勘定の種類

お金は何らかの形で保有する必要があります。 それは現金、物理的な金、土地またはより便利な口座である可能性があります。 ブログ記事は、最後のものについてのみです。

通常口座(または非退職口座)-銀行で保有

  1. 当座預金口座–
    1. 税引後拠出
    2. 利益はすぐに実現され、経常利益として課税されます
    3. 口座は価値が下がることはありません(最初の250K$までfdicによって保険されています)
    4. お金は非常に液体である–任意の時間を堆積/撤回することができます(と入出金の絶対的な制限は、通常、一日あたり10,000$のオーダーです)
  2. 普通預金口座
    1. 税引後拠出
    2. 収益はすぐに実現され、 経常利益として課税される
    3. アカウントは価値が下がることはありません(最初の250K$までFDICによって保険されます)
    4. お金はいつでも預託できますが、月に六回しか引き出すことができません

投資勘定(より良い期間の欠如のため)-株式ブローカー
で保有するこれらは、退職勘定または非退職勘定として保有することができます。 貢献/収益/引き出しの税務上の取り扱いは、彼らがの一部である親アカウントの種類に依存します。

  1. マネー-マーケット-アカウント
    1. ポスト/税引前拠出(税引前口座または税引後拠出口座のいずれかに応じて)
    2. 利益は実現され、経常利益として課税されます
    3. 主に株式や債券(またはオプションのようなエキゾチックなもの)に使用される前に一時的にお金を保持するために使用されます
    4. アカウントは、株式や債券に使用される前に一時的にお金を保持するために使用されます
    5. アカウントは、株式や債券に使用される前に一時的にお金を保持するために使用されます。価値は、それはめったに起こりませんが
  2. 証券口座
    1. 株式/債券の保有を保持している口座
    2. 収益は、売却が起こるまで実現されず、課税されます 保有期間に応じた経常利益またはキャピタルゲイン/損失

退職勘定-株式ブローカー

退職勘定は、特定の税務上の利点を提供します(非課税または課税繰延成長のような),通常,これらのアカウントは、お金が59.5歳まで

IRA=個人退職金口座は、銀行口座と同じように、誰でもほとんどのブローカーで開くことができます。
401K=雇用主主催のアカウントは、雇用主によってのみ開くことができ、拠出金は給料を介して直接行うことができ、投資する資金の選択も雇用主によ

  1. 伝統的なIRA
    1. 直接拠出には上限があります(5,500歳未満の人は2013年に年間5000ドルの制限があります)。
    2. 収入が一定の限度額未満の場合、拠出金は税額控除の対象となります(ただし、限度額はかなり低いです)。
    3. 収益は課税繰延であるが、撤退時の経常利益として課税されている。
    4. お金は59.5歳以降(またはそれ以前は財政的困難の場合を除き10%のペナルティがあります)引き出すことができます。
    5. 雇用主を離れると、その401Kプランは従来のIRAアカウントに変換できます。
    6. Wikipediaのページでより多くの血みどろの詳細を参照してください。
  2. ロスIRA
    1. 直接貢献は、伝統的なIRAと同じ最大限度を持っていますが、貢献をするための所得制限ははるかに低いです。
    2. 間接拠出は、401Kのお金(雇用主が許せば)またはbackdoor Roth IRA(伝統的に貢献し、Rothに変換する)を介して行うことができます。
    3. 収益は非課税です。
    4. 寄付は、罰則なしで調味期間(5年)後に撤回することができます(理由のような財政的困難がある場合)。
    5. 所得は、59.5歳以降に非課税、またはその年齢より前に税金と違約金(10%)の両方を支払うことによって引き出すことができます。
    6. Roth IRAは、RMDがない唯一の退職金口座です(必要な最小分配条項)。
    7. Wikipediaのページでより多くの血みどろの詳細を参照してください。
  3. 税引前401K
    1. 拠出金は税引前であり(最大従業員の年間拠出限度$17.5K-給料から直接来る必要があります)、雇用主の拠出金はこの制限にはカウントされません(彼らは約retirement50Kを置く総退職拠出限度の対象となります)。
    2. 収益は繰延税金です。
    3. 引き出し時に経常所得税で課税されます。
    4. 一部の401Kプランでは、59歳まで(経済的な困難のためであっても)撤退を許可していません。5
    5. 雇用主は、401Kプランでどの資金を利用できるかを決定します。
    6. wikipediaのページでより多くの血みどろの詳細を参照してください。
  4. 税引き後401K
    1. 拠出金は税引き後です。 (税引前401Kで同じ制限)
    2. 収益は課税繰延です。
    3. 拠出金は非課税で引き出し、収益は引き出し時に経常所得税で課税されます。
    4. 一部の人々は、彼らが効果的に口座に多くのお金を貢献することができますので、ポスト税を好みます。
  5. ロス401K
    1. 寄付は税引き後(ほとんどの人にとって)であり、利益は非課税であるという意味でロスIRAに似ています。
    2. しかし、撤退は雇用主によって制御され、雇用主を離れるか、59.5歳に達することなく可能ではないかもしれません。
    3. 通常、雇用主の計画でその選択肢が利用可能な場合は、税引き後の401KをRoth401K(またはRoth IRA)に変換することをお勧めします。
  6. SEP IRA,403(b)planのようないくつかの他のエキゾチックなオプション–私はこれらを知らないし、彼らはここでカバーされません
退職金勘定(拠出金対収益チャート)

退職金勘定(概要)

人はどの計画のために行くべきですか?
同じのための私の次のブログ記事を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。