Francisco de Paula Santander

Francisco de Paula Santader.jpg

フランシスコ・デ・ポーラ・サンタンデール(Francisco de Paula Santander、1792年4月2日-1840年5月6日)は、南米解放戦争でシモン・ボリバルと戦ったグラン・コロンビア大統領(1819年-1826年)、後にコロンビア大統領(1832年-1837年)である。

略歴

サンタンデールは現在のコロンビアのヴィラ・デル・ロサリオ・デ・ククタに生まれ、1810年に18歳の時に法学を学んだ後、軍事活動を開始した。 1819年8月7日のボヤカの戦いでは、上司のシモン・ボリバルの下で偉大な指揮官としての地位を証明した。

1821年、カラボボの戦い後に解放された後に設立されたグラン-コロンビアの副大統領に選出された。 しかし、彼は戦争の後にボリバルの反対者となり、1828年に彼を暗殺しようとした。 サンタンデールは最初に死刑を宣告されたが、ボリバルは彼を赦免した。 1830年にボリバルが死去するまで追放され、1832年に復帰してコロンビア大統領に就任したが、ボリバルの死去に伴ってグラン-コロンビアが分裂したため、コロンビア大統領に就任した。 1840年に死去し、2期務めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。