Hinting a Font”

hinted fontの生成は、主に三つの主要な部分に分けることができます:

  • 既存のフォントから最終的なフォント形式でヒンティングを読み取る
  • 既存のフォントにヒンティングを追加する。vfc(または.vfb)フォーマット
  • 生成された最終的なフォントにヒントを書く。

PostScript風味のグリフでのヒンティング(PSヒンティング)は一つのレベルにのみ存在するため、インポート時に翻訳や変換は必要ありません。 FontLabは無損失でPS hintingを読み書きすることができ、ps hintingを無損失で変更したり、生成したりすることもできます。 より正確には、FontlabはPostScriptヒントをネイティブにサポートしています。 OpenType PSを読むとき(.otf)フォント、FontLabはCffヒンティングをPostScriptヒンティングに変換します。

TrueType風味のグリフでのヒント(TTヒント)は二つのレベルに存在します:

  • TrueType命令言語の低レベルTTヒント(ネイティブ)-アセンブリコードは、バイナリ形式にコンパイルされ、OpenType TTに格納されています。ttf)とTrueTypeフォント、ならびに必要に応じてFontLabに格納されています。vfc/.vfb文書。
  • 高レベルのTTヒント(visual)-fontlabに格納されているFontLab独自のT番目の言語での視覚的な命令。vfc/.vfb文書。

FontLabは低レベルTTヒントを読み取ることができます。 また、保存された低レベルのTTヒントを書き込むこともできますが、変更されていないグリフのみを書き込むことができます。 グリフを変更すると、保存されている低レベルのTTヒントが削除されます。

FONTLABは、PSヒントを高レベルTTヒントに変換し、高レベルTTヒントを変更し、高レベルTTヒントを低レベルTTヒントに変換(コンパイル)することもできます。

FontLabは、低レベルのTTヒントを高レベルのTTヒントに変換(逆コンパイル)することはできません。

フォントを開く”

TrueType風味のヒントフォントを開くと、低レベルのTTヒント命令が常に読み込まれ、に格納されます。vfc文書と生成された新しいに戻って書かれました。ttfフォント—ただし、fontlab内で変更されていないグリフのみ。 エクスポートは、エクスポートプロファイルによって制御されます。

グリフセルの左下隅にある青い”T”マークは、低レベルのTTヒントがグリフ内に存在し、そのままエクスポートされることを示します。

PostScript風味のフォントを開くと、そのヒントは常にフォントから読み込まれ、保存されます。vfc文書および輸出プロフィールに従って輸出されて。

PostScriptアウトラインとPS hinting”

PS HINTING UI要素”

プロファイル”

プロファイルダイアログボックスは、PostScript風味のフォント(Type1およびOpenType PS)の生成方法の重要な側面を制御します。 既定では、ヒント付きフォントをエクスポートし、未ヒントのグリフのヒントを自動的に生成します:

自動ヒントがオンの場合、ヒントを使用するオプションは、既存のヒントと新しいヒントをエクスポートします。

オプションAutohint:”Unhinted glyphs”を使用すると、特定の自動印刷タスクを実行しなかった場合でも、グリフを自動的に自動印刷することができます。 グリフにPSヒントが含まれておらず、このオプションが有効になっている場合、FontLabはそのグリフのヒントを自動的に生成します。

ヒントを手動で制御したい場合、いくつかのグリフをヒントしなかった理由がある場合は、自動ヒントドロップダウンメニューで”いいえ”を選択します。 これにより、すべてのグリフからPSヒントを削除すると、ヒントなしでPostScript風味のフォントを生成することもできます。

既存のヒントをすべて自動入力結果に置き換えたい場合は、自動入力ドロップダウンメニューで”すべてのグリフ”を選択します。

X方向ヒントを使用する垂直ヒントを書き出すことができます。 あなたがそれらを必要としない場合は、これをオフにします。 Y方向(水平)のヒントは、とにかくエクスポートされます。

RecalcゾーンとRecalcステムは、それぞれエクスポート時のゾーンとステムを再計算します。 オフにすると、既存のゾーンとステムがエクスポートされます。

オプションを編集できるようにするには、新しいエクスポートプロファイルを作成する必要があります。

グリフウィンドウ”

グリフに存在するPSヒントを表示するには、View>Show>Hintsを有効にします。 PSアライメントゾーン(青いゾーン)を表示するには、View>Show>Zonesを有効にします。

フォント情報”

ヒントはグリフレベルで制御されますが、関連するフォント全体のヒント設定がいくつかあります。 これらを表示および編集するには、フォント情報ダイアログボックスを開きます。

茎ページは、x方向のヒントに対応する垂直方向の標準茎と、y方向のヒントに対応する水平方向のPS標準茎を制御します。 水平方向の茎は垂直方向の茎よりも重要です。

標準ステムはPS hintingで使用され、CVTテーブルに格納されているTT標準ステムにも変換されます。

自動茎をクリックすると、フォントにある標準茎のリストが自動的に作成されます。 これは、フォントで見つかったPSヒント値を分析することによって行われます—これは、フォントが自動茎が動作するためのヒントを持っている必

また、多くの場合、FontLabは実際に必要なものよりも多くのPS標準茎を生成することに注意してください。 たとえば、Myriad Romanでは、元のVステムの値は88 92、元のHステムの値は67 73です。 自動茎の後、V茎の値は88 70 97になり、H茎の値は73 55 68になります。 場合によっては、stem値が互いに非常に近くなり、それらを統一することができます。

PS hintingをTT hintingに変換するとき、FONTLABが各ステム幅をTT標準ステムと一致させる単一リンクの添付精度を制御できます。 標準の茎を少なくして精度を上げると、TTフォントの茎はより均一に表示されます。 より標準的な茎を作成し、精度を下げると、TTフォントの茎はより多様に表示されます。

Zones

Zonesページは、プライマリPS整列ゾーン(通常はベースラインの上にあります)とセカンダリPS整列ゾーン(通常はベースラインの下にあります)を制御します。

PS alignment zonesはPS hintingで使用され、TrueType alignment zonesにも変換されます。

ゾーンの自動検出ボタンをクリックすると、FontLabはフォントの配置ゾーンを自動的に再構築します。 これは、大文字と小文字の英語文字のハードコードされたリストの境界ボックスを分析することによって行います。 フォントに複数のアルファベット(スクリプト)が含まれている場合、または大文字や小文字とは明らかに異なる高さの数字や小さな大文字が含まれている場合は、オーバーシュート抑制を制御するPSアライメントゾーンをさらに追加する必要があります。

PostScriptヒンティングパラメータは他の値ページで非表示になり、PSヒンティングにのみ影響します。 これらのパラメータの詳細については、フォント情報ダイアログボックスとタイプ1フォント形式の仕様を参照してください。

PS Autohinting”

フォントにPSヒント、標準ステム、および配置ゾーンが既に定義されている場合は、この手順をスキップできます。

フォントにPSヒントがない場合は、次の手順を実行してPSヒントを自動的に取得する必要があります:

  1. フォント情報>ゾーンに移動し、ゾーンの自動検出をクリックします。
  2. 必要に応じてアライメントゾーンを追加および修正します。
  3. ツール>アクションを選択します。
  4. ヒントセクションから、フォント内のすべてのグリフに対してAutohintアクションを実行します。
  5. y方向のヒント(水平方向のヒント)のみを生成したい場合は、アクションを実行しますフォント内のすべてのグリフのヒントを削除し、アクションのオプ

メモ

y方向のみを生成したい理由のいくつかは、X方向にヒントを与える必要のないTrueType風味のフォントを生成する予定があるためです。 これは、ClearTypeでのみ動作するフォント、またはフォントが斜体であり、垂直方向のヒントがあまり意味をなさないフォントの場合に当てはまります。

アクションを実行するたびに[フォント全体に適用]を選択します。

  1. ファイル>フォント情報>茎に移動し、自動茎をクリックします。
  2. 必要に応じてPS標準ステムを追加、修正、マージします。
  3. OKをクリックします。

このプロセスを完了すると、ヒント付きPostScript風味のフォントが表示されます。

TrueTypeアウトラインとTTヒント”

FontlabでTrueTypeヒント付きフォントを作成する前に、フォントに次の要素が存在することを確認する必要があります:

  • アライメントゾーン
  • 標準ステム
  • PSヒント

これらの三つのパラメータは、fontlabによって自動的に高レベル(視覚的な)TTヒントを生成するために使用されます。

TTヒントUI要素”

プロファイル”

PostScriptヒントと同様に、エクスポートプロファイルはTTヒントをエクスポートする方法を定義します:

メモ

オプションを編集できるようにするには、新しいエクスポートプロファイルを作成する必要があります。

TrueType hinterメニューでは、ヒンティングエンジンを選択できます。 「Fontlab TTH」(ネイティブfontlabヒンティング)、「TTFAutohint」(FreeTypeの自動ヒンティングシステム)、およびフォント情報ダイアログボックスで選択されたヒンティングシステムから選 “フォント情報で指定”オプションはデフォルトで設定されているため、特定のフォントのヒントオプションをローカルで変更するには、Font Info>Other Valuesページを使

TrueTypeヒントツールを使用して手動で作成された高レベル(ビジュアル)TTヒントをエクスポートしないようにするには、既存のvisual TTHコマンドをオフにします。

インポートされたTrueTypeネイティブヒントを使用をオフにすると、インポートされた低レベルTTヒントがエクスポートされません。

“FontLab TTH”自動印刷エンジンを使用する前に、既存のPSヒントを無視して自動的にPSヒントを再構築するには、Psヒントの再構築をオンにします。

Font Info”

TrueTypeヒントとスムージングオプションは、フォント情報>その他の値ページで非表示になり、現在のフォントのTTヒントにのみ影響します。 これらのパラメータの詳細については、フォント情報ダイアログボックスとTTFAutohintシステム仕様を参照してください。

Preferences”

Preferences>TrueType Autohintingページには、FONTLABでPSヒントを高レベル(ビジュアル)TTヒントに変換する方法を細かく制御できるいくつかのオプションがあります。

おそらく、ここで最も重要な設定は、単一リンクの添付精度です。 この数値は、FONTLABが各ステム幅をTT標準ステム(CVTエントリ)と一致させる許容誤差を制御します。 たとえば、TT標準ステムの1つが168で、precision設定が3に設定されている場合、幅165-171のすべてのステムはその値にリンクされますが、幅164または172単位のス

これらのオプションの詳細については、環境設定>TrueType自動印刷を参照してください。

アプリケーションウィンドウ”

高レベルTTヒントを表示および変更するには、グリフウィンドウで任意のグリフを開き、ツール>TrueTypeヒントを選択します。

TrueTypeヒントツールには、開くことができる多数のサブパネルがあります: TrueTypeプログラムパネル、茎、ゾーン、およびその他のパラメータダイアログ。 TrueTypeヒントパネルが自動的に開きます。

TrueTypeヒントパネル(macOSとWindowsの両方のバージョンのFontLab)は、Microsoft Windowsと同じラスタライザを使用します。 レンダリングモードは二つあります: (現代のWindowsシステムのほとんどのユーザーがそれを見るように)サブピクセル配置でTrueTypeヒントの結果を示すClearType、およびantialiasingなしで純粋な黒と白でTrueTypeヒントの結果を示す黒/白(古いWindowsシステムのユーザーが見るように、または現代のWindows上でClearTypeを無効にしている人)。

メモ

実際には、さまざまなバージョンのWindowsには、より多くのフォントレンダリングモードとバリアントがあります: 異なるタイプのスムージング、サブピクセルレンダリングの異なる設定、およびサブピクセルグリッド上でグリフメトリックがどのようにレンダーされるかに影響するさまざまな方法。 TrueTypeプレビューのラスタライズの二つのモードは、TrueTypeヒントが最も役立つことができる”タフな”シナリオを代表しています。 Microsoftは常に彼らのフォントレンダリング技術を進めている—あなたのヒントの結果がFontLabで良く見える場合、彼らは本当のWindowsユーザーのために同じように良

プロパティバーの茎ボタンをクリックして、TT標準茎を制御できる茎ダイアログを開きます。

Zonesボタンをクリックして、TT alignment zonesを制御できるAlignment Zonesダイアログを開きます。

Other Parametersボタンをクリックして、TTH Parametersダイアログを開き、ローカルTTヒントオプションを制御できます。

PS hintingをTT hintingに変換した後、TTステムとゾーンは、フォント情報で定義されている標準のステムと配置ゾーンに対応しますが、これは変更できます。

輪郭の転換およびTTのautohinting”

メモ

次の手順では、グリフの実際のアウトラインを変更するので、PostScriptアウトラインで元のデザインのバックアップコピーを保存していることを確認してく

また、FONTLABがPSアウトラインをTTアウトラインに変換する場合、変換の品質はフォントのUPMサイズと環境設定にあるカーブ変換許容値に依存することに注意してください。 UPMサイズが小さいほど、FONTLABが生成するTTアウトラインポイントは少なくなります。 UPMサイズが非常に大きい場合、TTアウトラインポイントの数が大きくなり、TTオートインティングの結果が満足できなくなる可能性があります(FONTLABは、TTヒントインジケーションによってどのアウトラインポイントが最もよく制御されるかについて”混乱”する可能性があるため)。 また、fontlabクリーンアップ機能を使用して、アウトライン変換後のTTアウトラインポイントの数を減らすこともできます。 原則として、可能であれば、TTアウトラインポイントの数を合理的な最小値に保つようにしてください。

Ps-hintedフォントをTrueTypeアウトラインを持つTT-hintedフォントに変換するには、次の手順を実行してください:

  1. 環境設定>TrueType Autohintingに移動し、PS hintingをTT hintingに変換する方法を微調整します。 特に、単一リンクの添付精度の値を確認します。
  2. 開いているグリフウィンドウをすべて閉じます。
  3. “ツール”>”アクション”を選択し、”基本”セクションから”TTカーブに変換”アクションを選択し、”フォント全体に適用”をオンにして”OK”をクリックします。
  4. ツール>アクションを選択し、基本セクションからアクション輪郭方向を設定を選択し、TrueType方向を設定オプションをクリックし、フォント全体に適用を
  5. 変換後にTTアウトラインポイントの数を減らすことにした場合(グリフ形状の小さな調整が発生する可能性があります)、輪郭セクションからアクショ
  6. ヒントセクションから、TT Autohintアクションを選択し、フォント全体に適用をオンにしてOKをクリックします。

グリフセルは、グリフ内に高レベル(視覚的)TTヒントが存在することを示す左下隅に茶色の”T”マークを取得します:

これらの手順を完了すると、基本的なTT-autohintedフォントが作成されます。 今すぐTrueType風味のフォントを生成するか、TT自動印刷結果の微調整に進むことができます。

TT自動印刷結果の微調整”

TT自動印刷結果の微調整を開始するには:

  1. グリフウィンドウでグリフを開きます。
  2. ツール>TrueTypeヒントを選択します。
  3. グリフウィンドウプロパティバーで、茎ボタンをクリックして、PS標準茎からコピーされたTT茎を開きます。 TTステムを編集すると、特に純粋な白黒レンダリングで、異なるステムの外観がどのように一貫して表示されるかに大きな影響を与える可能性が たとえば、いくつかの茎の値をマージすると、わずかに異なる茎がより一貫して表示されるフォントになります。
  4. グリフウィンドウプロパティバーで、Zonesボタンをクリックして、PSアライメントゾーンからコピーされたTTゾーンを開きます。

TTステムの重要なパラメータの1つは、ppm2値です。 この値は、(主に白黒モードで)ステムが1ピクセル幅から2ピクセル幅に変わるppemサイズを示します。 (Ppm3エントリは、茎が2ピクセルから3ピクセルの幅などに変わるppemサイズを示します。).

これらのppem値を下げると、影響を受けた茎は小さなサイズで重く見えるようになります。 これらのppem値を上げると、影響を受ける茎は小さなサイズで軽く見えるようになります。 たとえば、ファミリーに中位スタイルと半固定スタイルがあり、小さなポイントサイズで似ている場合は、半固定スタイルのppm2とppm3エントリを減らし(重く見えるようにする)、中位スタイルのエントリを増やすことを選択できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。