Los Angeles Dog Bite Lawyer

Ellis Lawでは、ロサンゼルスの弁護士が保険決済交渉と訴訟の両方を通じて、無実の犠牲者に代わって損害賠償を成功裏に回復 カリフォルニア州では、犬の咬傷の被害者は、過失と厳格責任の理論に基づいて補償を得ることができます。 さらに、彼らの犬に暴力や攻撃の既往がない場合でも、所有者に責任を負う特別な法令が制定されました。

被害者を明確に支持する州法にもかかわらず、カリフォルニア州には住宅保険会社に提出された犬の咬傷請求の割合が最も高く、5回の咬傷のうちほぼ1回が医師の診察を保証するのに十分重要である。 ロサンゼルスでは、郵便労働者に対する攻撃で第一位にランクされています–69人の従業員が2012年に事件を報告しています。 郵便労働者は犬の攻撃に苦しむ人々のほんの一部を表していますが、統計は郡内の積極的な犬歯の数が多いことを伝えています。

疾病管理予防センター(CDC)は、毎年約450万人のアメリカ人が犬に噛まれていると述べています。 動物の攻撃の感情的および物理的な外傷のほかに、結果は犠牲者にたくさんの治療のドルを要することができる。 幸いなことに、法的救済策は、自分の過失によって害を受けた人に利用可能です。

ロサンゼルス犬咬傷弁護士

もちろん、カリフォルニア州で犬咬傷後の金銭的損害を回収するためには、犬の所有者と交渉する以上のことをす Ellisの法律からのLAの個人的な傷害の代理人の専門知識と、あなたの場合が専門的にそして効率的に扱われることを安心でき、仕事を離れてすべての病院の費用、時間および苦痛および苦しみのための最高の払い戻しを得ることを保障する。

あなたの最善の利益を守る擁護者が必要な場合は、Ellis Lawの弁護士を信頼することができます。 20年以上にわたり、私たちの法務チームは、負傷した犠牲者が彼らが必要と値する補償を得るのを助け、クレームのこれらのタイプを専門としています。

統計とカリフォルニア州犬咬傷法

犬咬傷は米国で75秒ごとに行われ、重傷のために毎日1,000人以上の緊急治療室を訪問しています。 昨年、32人の死亡者が記録され、これらのうち、死亡者の3分の2以上がピットブルに起因していました。

カリフォルニア州では、被害者はそれを実証する必要があります:

  • 犬は被告が所有していた
  • 咬傷は公共の財産で発生したか、被害者が合法的に私有財産にいた間に
  • 被害者が噛まれ、実際の咬傷から傷害を受けた

州の法律は、”どの犬の所有者も、公共の場所にいる間、または合法的に犬に噛まれた人が被った損害に対して責任を負う”と義務付けている。犬の所有者の財産を含む私的な場所では、犬の元の悪質さやそのような悪質さの所有者の知識にかかわらず、犬の所有者の財産を含む。”

実際には、クレームを追求する際に不正行為の平準化料金は必要ありません;カリフォルニア州の法律は、犬が積極的な傾向の以前の記録を持っていない場合であっても、攻撃で被った傷害に対する所有者の責任を規定しています。

犬の飼い主は、ペットの取り扱いに過失があった場合、動物が自由に歩き回ることを許可し(ひもなしで)、ゲストや通行人を危険にさらすことにより、ペットの行動に責任を負うことができる。 カリフォルニア州の裁判所は、過失で攻撃を引き起こした、犬の攻撃のリスクを想定した、または犬に嫌がらせをした被害者への損害賠償を拒否し

被告は、所有権を否定すること、犬の身元確認が不十分であること、被害者が私有財産に侵入したと主張すること、または犬が攻撃を誘発されたと

熟練した弁護士から助言を得ることは、たとえそれが友人や家族の家で起こったとしても、あらゆるタイプの攻撃や怪我の後の最も賢い行動 Ellisの法律は無料で詳細な訴訟の検討を提供し、事件に続く補償へのあなたの権利に関するすべての質問に答えます。

犬の咬傷と関連する医療費

の報告によると、14歳未満の子供はこれらのタイプの傷害のリスクが高いことが示されており、2010年の研究によると、咬傷からの入院の平均費用は18,200ドルであった。 いくつかはマイナーですが、他の人は恐ろしいです—永続的な傷害と恒久的な障害を持つ犠牲者を残しています。 2012年には、27,000人以上の人々が咬傷の結果として再建手術を受けることを余儀なくされました。

動物の攻撃によって引き起こされる傷害の種類は次のとおりです:

  • 深い穿刺傷
  • 顔の傷跡
  • 感染
  • 外観を損なう
  • クラッシュ傷害および骨折
  • 頭または脳損傷
  • 狂犬病
  • 心的外傷後ストレス障害(ptsd)

ピットブルのほかに、頻繁な攻撃にリンクされている他の品種は、ロットワイラー、ジャーマンシェパード、ハスキーとドーベルマンピンシャーです。 しかし、研究によると、カリフォルニア州の動物咬傷の流行は、犬や品種だけでなく、彼の所有者にも伴うことが示されています。 無責任な所有者または彼の犬を虐待する人は、しばしば陰惨な犬の攻撃に寄与する要因です。

ロサンゼルスの被害者は、以下を含むがこれらに限定されない補償の対象となる可能性があります:

  • 現在および将来の医療費
  • 賃金の喪失
  • 痛みと苦しみ
  • 感情的苦痛

エリスの弁護士がどのように助けることができるか

私たちがケースを扱ってきた年では、私たちの弁護士は、深刻な傷害がクライアントに取る物理的、感情的、財政的通行料を目撃してきました。 私たちは、医療費が積み上がり続けるにつれて、あなたの家族や愛する人に置かれた金銭的負担を理解しています。 私たちの法律事務所は、被害者が彼らの損失のための完全な補償を回復するのを助けるために、医療専門家、研究者やサポートスタッフのネットワー エリス法で弁護士を保持することは、あなたの怪我や経済的損害のための成功した主張を追求する上で重要なステップです。

私たちは、あなたがすべての医療記録を取得し、犬の所有権と暴行の事実を決定し、犬の歴史を調べ、あなたが苦しんでいる痛みのための完全な損 あなたの法的選択肢と権利についての詳細を学ぶために私たちのオフィスに連絡してください。

ロサンゼルスの経験豊富な犬の咬傷弁護士

これらのタイプのケースで豊富な経験を持つ個人的な傷害会社を探している場合は、Ellis Lawに無料の義務 私たちの有能な弁護士は、LA郡の犠牲者のための和解と被害賞を確保する20年以上の経験を持っています。

カリフォルニア州では、”一口ルール”は適用されず、所有者は犬が与えた怪我に関連する補償に対して責任を負うことを覚えておいてください。 より多くの情報のためにまたはあなたの場合の評価を予定するために、310-641-3335で通話料無料を呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。