The Fairytale Forest–A Source of Symbolism–by Justine

The Fairytale Forest-a Source of Symbolism

森の象徴を探索する旅に乗り出した人は、おそらく赤ずきんちゃんが庭の門で母親にさよならを振っているように、古代の神話や伝説に染み込み、精神の喜びと危険で中断された広大な航海で、精神的な意味を注入された。

非常に多くのおとぎ話のキャラクターが危険を伴う森林地帯を横断しなければならないことは偶然ではありません。 最も実用的な意味では、古代人がそれらの物語を夢見ていたように、中世以降に口頭の伝統が最終的に書き留められたとしても、北ヨーロッパと西ヨーロッパの土地は森林で厚くなっていました。 危険性は明白だった:疑うことを知らない旅行者を待って横たわっている悪党や山賊から、殺すために空腹の日和見的なオオカミに。

現代では、おとぎ話はそこにある象徴の深さを略奪しようとしている文学批評家に豊富な選択を提供してきました。 精神的な探査の父、ユングは、子供の物語の中で非常に顕著に描かれているシルヴァンの恐怖は、無意識の危険な側面を象徴していると主張しています。

多くの文化において、森は神または祖先崇拝に捧げられています。 供物が行われ、着手精神的なレルムをテストするための開始の儀式が行われる場所。

JC Cooperは、伝統的なシンボルの図解された百科事典の中で、「暗い森や魅惑の森に入ることは閾値のシンボルである:未知の危険に入る魂、死の領域、自然の秘密、ま’

森は魔法の場所であり、危険な魔法であるだけでなく、機会と変容の場所でもあります。 美女と野獣の物語では、商人は森の中の目に見えない力によって獣の城に向けられ、目に見えない手によって彼の運命に向けられます。

オオカミと一緒に走る女性では、Clarissa Pinkola Estesは、美女と野獣などの物語の中で古代人が私たちに伝えたメッセージを分析しています。 美しさのために、それは彼が世界のダークサイドや無意識の何も知らないので、致命的な取引にbumbles彼女の父であり、恐ろしい瞬間は彼女のための劇的な始まりをマークし、今後の意識と抜け目のない。’

この世界の暗い側面は、獣に象徴されている、もちろん、彼女の父親の明快さの欠如、彼の曇ったビジョン、そして彼が森の中で自分自身を失うことによ

赤ずきんちゃんに関しては、道から森の中に迷い込むことも同様に危険であり、裏切りで満たされています。 象徴的に、未知の森の中で自分の道を失う人たちは、意識的な自己との接触を失い、潜在意識の領域に航海して、生活の中で自分の道を失っています。

それでも、ロビン-フッドやラーマとシタの偉大なヒンドゥー教の愛の物語のような伝説では、森は隠れ場所、聖域になります。 森は、亡命の期間の後に復讐と正義のために戦うために世界に再出現する偉大な英雄のための避難所を提供します。 森の中での彼らの時間(ラーマの場合は完全な十四年)は、おそらく個人的な発展の期間として解釈することができます。 おそらく通過の儀式?

彼の本の中でエンチャントの使用: おとぎ話の意味と重要性、ブルーノ*ベッテルハイムは、おとぎ話の中で森の意義を探ります。 彼は書いています:

‘古代から、私たちが迷子になる近くの不可解な森は、私たちの無意識の暗い、隠された、近くの不可解な世界を象徴しています。 私たちが過去の人生に構造を与えた枠組みを失い、今自分自身になる方法を見つけなければならず、まだ未発達の人格でこの荒野に入ったならば、私たちの道を見つけることに成功したとき、私たちははるかに高度に発達した人間性をもって出現するでしょう。’

森は町にアンチテーゼを提供しています。 ヨーロッパが森林に大きく覆われていた古代では、森林は文明の境界を表していました。 森は文字通り野生の場所であり、村や町は人間が和解をクリアした場所に過ぎませんでした。 犯罪者だけでなく、亡命者だけでなく、シャーマン、聖なる男性と女性、詩人、自由思想家、そしてもちろんトロール、エルフ、妖精など、森の中に避難所を見つけた多くの人がいました。

黙示録後の世界を救うための少女の戦いを描いた宮崎平雄の映画”ナウシカ”のような現代のおとぎ話でさえ、森は癒しの場所であり、木は人類が作 日本最大のアニメーターと広く言われている宮崎は、森を映画の中の物語ツールとして使用し、魔法と移行の場所として描写しています。

今日でも、森林は制度的秩序からの避難所として、封じ込めと個人の自由の縮小からの避難所として残っています。 森は謎に満ちた場所であり、想像力と潜在意識が自由に動くことができ、通過の儀式が行われ、私たちが原初の自己に戻ることができる場所です。

Justine Gaunt,2011

Justine Gauntは、iphoneとiPad用のおとぎ話のアプリを生産する小さな出版会社Appily Ever After PublishingのSimone Woodとの作家とジャーナリストであり、共同監督です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。